ホーム

「居心地の良い住まい」とは、快適で安全、そして構造やメンテナンスに気を使わないで安心して過ごせる居住性重視の住まいです。

外断熱の設計事務所

髙城建築設計スタジオ

「居心地の良い住まい」とは?

 

空調機に頼る環境は上下の温度差が大きく不快で不経済です。自然な風と採光を十分確保して、一年の季節を通してなるべく空調機に頼らないで過ごせる住まいが快適です。
  
ただし、快適な空間であっても、シーリングに頼る防水や耐用年数の短い外装塗装、床下や壁の裏などにカビやダニが発生する建物では安心して過ごせません。
  
「居心地の良い住まい」とは、快適な空間とするだけでなく、メンテナンス性の高い外装、カビやダニが発生しにくい衛生的な空間のことで、安心して過ごせる居住性重視の住まいです。
  
快適で衛生的な環境として過ごせる住まいとするには、建物の断熱工法を「外断熱工法」または「外張り断熱工法」とすることが最適です。

 

「住まいに最適な工法」とは?

 

<住まいに最適な工法> 

「外断熱、外張り断熱工法」を採用することによって、室内環境が安定する省エネ効果だけでなく、カビ・ダニが発生しにくい衛生的な空間とするメリットがあります。構造体を保護して耐久性も増すメリットがあり、安心して過ごせる「居心地の良い住まい」とするには最適な工法です。

「居心地の良い住まい」は長い期間を過ごすことによって、その大きな効果を実感することができます。新築だけでなく耐震や省エネリフォーム工事にも対応が可能です。外断熱・外張り断熱工法は都市型の狭小住宅、ローコスト住宅にも採用できる理想的な工法です。 

  


<コンクリート造に最適な工法ー外断熱工法とは?>

コンクリート造の建物の外壁や屋根の断熱は、構造体コンクリートの室内側に断熱材を張り付ける「内断熱」という工法が一般的に行われています。この工法に対して、コンクリート本体を断熱材で外側からすっぽり包んでしまう工法を「外断熱」といいます。外断熱工法とは?
  
外断熱工法はコンクリートの蓄熱性を生かした省エネ効果があります。また、構造本体にカビの原因となる結露が生じにくく、衛生的な空間とすることができます。さらに構造体は断熱材で保護されるので、耐久性を増すメリットもあります。安心して過ごせる「居心地の良い住まい」に最適な工法となります。 

 


<木造に最適な工法ー外張り断熱工法とは?>

木造建物の断熱方法は一般に内断熱と外張り断熱とがあります。内断熱とは建物本体の内側壁内に断熱材を施したものをいいます。外張り断熱は、柱や梁など構造体の外側に断熱材を連続して張ったものとなります。
  
このため、内部結露による構造体腐食の心配がなく、壁内は結露でカビやダニが発生しない衛生的な空間となります。また、構造体が断熱材で守られているため、温度差の影響を受けないので、構造本体が長持ちする住まいとなります。

 
外断熱工法、外張り断熱工法をさらに詳しく。

 

 

外断熱の住まい

住宅相談室 Q&Aナビ

Q&Aナビの住宅相談室は、一般の新築やリフォームの住宅相談の他、、現地相談や住宅検査、マンション大規模修繕工事、見積りチェックの相談に対応する窓口です。

住宅相談室 Q&Aナビ

  

  

  

組積レンガによるRC造外断熱の住まい

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう